「真田の里」が盛り上がっています!

こんにちは。なおやんでございます。

 

今年の大河ドラマで話題の「真田丸」ですが、「もうひとつの真田の舞台」として、盛り上がっている地域があることをご存知でしょうか。

 

それは、当館「かいり」の姉妹館、「老神温泉 源泉湯の宿 紫翠亭」がある、群馬県沼田市なのです!

さなだゆきむら

ご覧下さい! 真田の真っ赤なのぼり旗を!!! 紫翠亭の玄関で皆様をお迎えしております。

 

 

それはともかく、なぜ、群馬県沼田市が「真田の里」なのか?

 

ぬまたこうえん

沼田氏の居城として建てられた「沼田城」は、戦国時代には北関東を支配するうえで重要な拠点として各戦国大名の注目を集め、上杉・後北条・武田の各勢力が激しい争奪戦を繰り広げる舞台となりました。

本能寺の変以後、豊臣氏による北条征伐によって、沼田城は真田の支配城となり、江戸時代にかけて5代にわたる真田氏が沼田の地を治めることになったのです。

 

現在、沼田城址は、沼田公園として整備され、今も残されている鐘楼や石垣が当時の雰囲気を伝えています。

群馬県に足をお運びになる機会がございましたら、ぜひ一度お立ち寄りくださいませ。真田信之と小松姫の像も必見ですよ!

(姉妹館の紫翠亭もどうぞ宜しくお願い致します!)